声優の専門学校に行くのは声優になりたいから!でも全員がなれるとは限らない?卒業後の進路は?

憧れの職業、声優を目指して頑張りたい、その第一歩として声優の専門学校を選ぶ人は非常に多いです。

でも専門学校を出て、そのまま声優として活躍ができるのでしょうか。

もちろんそうなれば最高の就職となりますが、でも全員がそうなれるのかはまた別物なのです。

声優の専門学校に行く人とは

もちろん声優になりたくて、専門学校へ行くという答えが共通で返ってきます。

加えて専門学校ですので、学歴にも明記できる専門士の資格も取れます。

ある意味スポンサーである親としても、安心ができるというものです。

実はもっと早道で声優目指すなら、声優事務所に付属の養成所のほうが手早いのです。

でも養成所の場合、オーディションがあります。

よほど何か個性があるとかでない場合、完全な素人では太刀打ちできないのです。

養成所のオーディションに来る人は、少なくとも基礎くらいはすでに身に付けている人たちなのです。

なので基礎、発生からやらなくてはいけないような素人の場合、専門学校でその基礎を身につけることが必要になるのです。

高卒で特に演技の経験のない人は特に、専門学校での基礎訓練を必要としているのです。

声優の専門学校に行けば声優になれるのか

これは難しい問題です。

というのも、専門学校の場合声優事務所を併設しているわけではありません。

基礎からしっかりと演技や、声優に必要なテクニックを教えてくれますが、卒業後の進路については自分で頑張る必要があるのですね。

なので在学中に、オープンキャンパスのような場に来てくれる声優事務所のスタッフに、アピールできるような頑張りが必要だということです。

のんびりと2年間、授業だけ受けていてはいけないということです。

声優の専門学校の場合特に、卒業後の進路は在学中にある程度の目安を最低つけておくことが必要なのです。

卒業間際になって、学校がなにかオファーをと言う幸運は、そうはないのです。

声優になるためには、学校で授業を受けていれば大丈夫という認識は通用しないと思って下さい。

声優の専門学校卒業後の就職は

具体的に、専門学校卒業後の就職や進路はどうなのか、見ていきましょう。

めでたく声優になれた

最高の就職先です。

と言っても、フリーランスの声優になるか、事務所所属の声優になるか二手に分かれます。

フリーランスは正直、新卒でなれるという人は殆どいません。

在学中になにか幸運を掴んで、大きな仕事をゲットできた場合、まあ可能かもしれません。

かなりの低い確率であるということは、覚えておいて下さい。

もう1つは声優事務所への所属です。

そうした事務所の場合オーディションで声優を採用することがあります。

これをうまく受けられて合格できれば、その声優事務所に所属が出来て声優スタートということになります。

このオーディションもまた、付属の養成所からの受験メンバーの方が有利だということ、これは事実です。

在学中には目処が立たなかったもしくは

在学中にはどうしても、就職についてつまり声優になれる目処がつかなかったと言う人は、かなり多いです。

また、これで基礎が身についたので先に進める、と思う人も結構多いのです。

基礎が無いので、事務所のオーディションは、無理だったという人たちですね。

こうした人たちの場合、就職はまだですが進路として、声優事務所の付属養成所に進むという道があります。

基礎は学校で叩き込まれていますので、養成所に入るためのオーディションには受かりやすいです。

養成所からその事務所へと言うコースで、結果的に声優デビューつまり就職というコースです。

一般の就職へ

夢諦めてと言うか、諦めてはいない捲土重来をという人の場合、一旦就職して機を見るということも出来ます。

幸い専門学校なので、専門士の資格が取れています。

声優の専門士、というのは一般企業ではあまり役に立たないように見えますが、それでも学歴として記載が出来ます。

なので最終手段としては、普通に就職するという手も出来るのです。

実際焦らずに、就職後も養成所に通うなどしておけば、いつか道は開ける可能性もあります。

またこう言っては何ですが、一応就職したということで親も安心、当人も収入を得て生活にもゆとりが生まれます。

その中で勉強を続けていけば、結果が出る可能性もあるということです。

声優への就職は難しいけれど

こう考えてくると、専門学校に通っても声優にはれないんじゃないか、と言う考えも生まれてきます。

実際専門学校になよっただけで、卒業後には声優になれる、その世界に就職できるという保証はありません。

その点もわきまえて、でも可能性にかけるとしたら、専門学校入学は決して悪いものではありません。

養成所に入りたいけど基礎が足りない、自分だけでは業界にアピールすることが出来ないなどの人の場合、専門学校への入学はその後の進路のためにおすすめなのです。

まとめ

声優の専門学校に通った後の就職、または進路というものは、入学前から実は考えておいたほうがいいことなのです。

決して悲観的になる必要はありませんが、先々のことも考えて行動すれば、専門学校での2年間は無駄になりません。

声優という最高の就職先をめざして、まずはスタートを切って下さい。