声優の専門学校に行くか行かないかでそれぞれ異なる四つのメリットとは?

声優として仕事をしていけるようになりたいと思ったときに専門学校に行く必要があるのかで悩む人もいます。

行くか行かないかでどんなメリットがあるかを詳しく紹介するので、専門学校に通うべきかどうかをよく考えてみましょう。

専門学校に行く四つのメリット

専門学校に行って声優を目指すのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットが大きいからこそ通っている人が多いのは確かなので、具体的にどんなメリットがあるのかを理解しておきましょう。

知識から実技まで体系的に学べる

声優を育成している専門学校に通うメリットとして最もよく着目されているのはカリキュラムがしっかりとしていることです。

専門学校のカリキュラムは声優に関する知識も何もない人であっても卒業するまでには声優の卵として社会に出られるようにすることを目指して作られています。

知識から実技まで体系的に学べるようになっていて、色々な現場で活躍できるような形に仕上がっているのが特徴です。

そのため、専門学校に通って一通りの授業を受ければ、声優として魅力的な現場で力を発揮できるような素養が身につきます。

学歴を手に入れて履歴書が魅力的になる

声優として働きたいと考えている人にとって、関連する会社の求人に応募したり、オーディションを受けたりするのは必須です。

その際に必ず要求される履歴書の内容を充実させられるのも専門学校に行くメリットです。

専門学校は公的に認められている教育機関なので、卒業見込みあるいは卒業という形で学歴に記載できます。

履歴書の内容的にアピールできるポイントがないと書類選考で落とされてしまいがちですが、きちんと魅力のある学歴を書けるので面接にまで持ち込める可能性が高まるのです。

オーディションの紹介と支援がある

専門学校に行くとオーディションの紹介を受けられるのもメリットです。

一般には公開されていないオーディションも専門学校には候補者の推薦依頼が来ていることがよくあります。

学業成績による影響を受けることもありますが、オーディションの紹介を受けられるので就職先を探しやすくなります。

応募の際や応募後の対応についての支援も受けられるので安心できるのもメリットでしょう。

頼れる仲間とライバルがいる

専門学校に通うメリットとして仲間やライバルがいることも挙げられます。

レッスンを受けていて困ったときにも気軽に相談できる仲間がたくさんいるので安心です。

また、同じ世代で競争していくことになる人たちに囲まれるのでライバル心も生まれて勉学に力を注げるようになります。

このような刺激を受けて自分の成長を促しつつ、不安を払拭していくことができるのは専門学校に通うメリットです。

専門学校に行かない四つのメリット

専門学校に行かないことで生まれるメリットも同じように四つあります。

その内容を確認して本当に専門学校に行くべきかどうかを判断できるようになりましょう。

自分のペースで声優を目指せる

専門学校に行かないことで自分のペースを守れるのはメリットです。

一刻も早く声優になりたいという人もいれば、今の仕事を続けながらスキルアップしていつかは声優になりたいという人もいるでしょう。

専門学校に通うとカリキュラムに従って2年か3年くらいは学ばなければなりませんが、独学なら時間に拘束されることはありません。

自分のペースで勉強していきたい人は専門学校に行かないのがおすすめです。

学費の負担がなくて済む

学習にかかる費用面についても専門学校に行かなければあまりかからないというメリットがあります。

勉強のために書籍を購入したり、レッスンを受けたりすると費用がかかるのは確かですが、学校に通うのに比べると負担が少なくて済むのが一般的です。

経済的に厳しいというときにも専門学校に行かないという選択肢を考えてみましょう。

独創的な力を発揮できる可能性がある

声優としての独創性を重視したい人も専門学校に行かない方が良い可能性があります。

専門学校では理論に従って声優になるために必要なことを体系的に学んでいけるのが特徴です。

同じ専門学校で学ぶと類似した考え方を持ってしまうことが多くなります。

スキルについても同じレッスンを受けるので似通ってしまう傾向があるため、独創性を重視するなら独学の方が良い可能性があるのです。

就職のタイミングにも自由がある

声優の専門学校に行かないことで就職のタイミングも自由に選べるメリットが生まれます。

卒業するタイミングで就職するように促されてしまうのが専門学校の特徴です。

自分としてはもっと先に就活をしたいという場合にも独学なら自由にタイミングを決められます。

まとめ

声優の専門学校に行くのも行かないのも基本的には個人の自由で、自分なりにうまく成長できれば仕事を獲得できます。

行く場合と行かない場合でここに挙げた四つのメリットがあることを考慮し、自分に合った道を選ぶようにしましょう。