声優の専門学校に何年通うかを考える上で重要になる3つのポイント

専門学校で学んで声優になろうと考えて専門学校のカリキュラムを比較してみると通う期間が色々あるのに気づくでしょう。

何年間通ったら良いかで悩んでしまいがちですが、その際に考え方の基準となる重要なポイントを3つ紹介します。

何年あれば一人前になれるか

一つ目のポイントとして考える必要があるのが、何年あれば一人前の声優になれるかです。

専門学校を卒業したら一人前の声優として働けるようになりたいと考えるのが当然でしょう。

そのためにどのくらいの年数が必要なのかによって何年のコースを選ぶべきかが異なります。

この観点からどのようにしてコースを選んだら良いかを確認しておきましょう。

基礎力があるかどうかを考えよう

専門学校では一から教育を始めて一人前になるまで育て上げるのを目指しているのが一般的です。

ただ、どのくらいの能力がある人を底辺として考えているかは学校によってもコースによっても異なります。

底辺を高めにしてあれば受けるべきレッスンの量も少なくて済むので期間も短くすることが可能です。

逆に本当に何も知らない人を一人前の声優にするにはかなりのレッスンが必要なので期間を長くせざるを得ません。

基礎力があるかどうかによって考えなければならないので、自分が声優になるためのどのくらいの知識や技術を持っているかを再確認しましょう。

一般的には二年か三年のカリキュラム

一般的な傾向としては専門学校では二年か三年のカリキュラムを用意しています。

ほとんど何も基礎ができていない人でも対応できるのがこのようなカリキュラムの特徴です。

個人的にレッスンを受けていた、養成所に通っていたという場合には基本的な内容が多くて無駄な時間を過ごしてしまうかもしれないので注意しましょう。

一年か半年でも良いケースとは

専門学校によっては一年間のコースを用意していることもあります。

半年でも通える仕組みになっているところもありますが、このような短期間でも大丈夫なケースはあるのでしょうか。

もともと家庭教師を雇って声優のトレーニングを受けていた人がもっと幅広く学びたいと考えて通うのには適しています。

また、別の人からレッスンを受けてみたいという場合にも適切な期間でしょう。

このような十分な下地がある人なら一年以下のカリキュラムがおすすめです。

年齢的に何歳になっても構わないか

二つ目のポイントとして重要なのが年齢です。

声優の専門学校に通っている人は10代から30代くらいまで幅広くなっていて、40代以上の人もいる場合もあります。

特に年齢を重ねてから重要なのが何歳までなら通えるかです。

長ければそれだけ歳を取る

単純に言えば長いコースを選んだらそれだけ就職する頃には歳を取ってしまいます。

25歳になる前には働いていたい、30歳は過ぎてしまいたくないといった希望がある人もいるでしょう。

その際に一年の差が大きな影響を及ぶすことがあるので、通い始めるタイミングから考えて本当に希望に合うかを考えてみるのが大切です。

年齢が上がると不利になりがち

一般的には年齢が上がるほどオーディションでも就活でも不利になりがちです。

若い方が有利と考えると一年でも短いコースを選ぶのが妥当でしょう。

それによって受けられるレッスンの量が減ることも加味しつつ決めるのが大切です。

年齢によって声も変わる

年齢についてもう一つ気にかけておいた方が良いのが声の質の変化です。

年齢を重ねると声が変わっていってしまうのは確かで、女性の場合には太い声になってきてしまいます。

こんなキャラクターの声優をやりたいといったイメージがある場合には、年齢を重ねたためにできなくなってしまうリスクがあります。

それも考慮して一年でも早く卒業できるようにした方が良いのかを考えましょう。

キャリアパスを考えると何年通うべきか

三つ目に重要なポイントとして挙げられるのがキャリアパスです。

どんなキャリアパスを描くかによって何年通うべきかが異なるので気をつけましょう。

声の変化で声優の人生は変わる

前述のように年齢と共に声は変わっていってしまうので声優としての人生も変わってしまいます。

若いうちにやりたことは何か、歳を取ってからやりたいことは何かを考えてみましょう。

若ければできないことが多いのなら一年でも早く卒業できるようにするのが賢明です。

学歴から考えると長いと有利な可能性がある

長い目で見て優秀な経歴を持っているようになり、晩年になって成功したいという人もいるでしょう。

その場合には三年間通っておいた方が良いと考えることもできます。

学歴に専門学校に通った年数が残るので、この時期にどれだけ頑張って学んだかがわかるからです。

しっかりとした基礎を身につけている声優としていつまでも見てもらえるようにするには大切な考え方です。

まとめ

声優の専門学校に何年通うのが良いかは基礎力の有無によって大きく左右されますが、2年から3年というのが一般的です。

仕事や声への年齢の影響や、声優としての目標ややりたい仕事を総合的に考えて何年のコースを選ぶかを決めましょう。