フリーターが声優の専門学校に通う4つのメリットと押さえておきたい2つのポイント

今までアルバイトをして生活をしてきたフリーターの人がもし声優として働くのに興味を持ったなら専門学校に通いましょう。

この記事では専門学校に通うメリットと、通う専門学校を選ぶときに重要なポイントを紹介します。

フリーターが声優の専門学校に通うメリット

フリーターをしてきた人が声優を目指すときに専門学校に通うメリットは4つあります。

どれも基本的にはフリーターのデメリットを払拭できるものなので、フリーターとして働いていくのに不安を持っている人には大きな魅力があるでしょう。

4つのメリットについて詳しく説明していくので参考にして下さい。

手に職を付けられるスキルが身につく

フリーターとして色々な種類のアルバイトをしてきてもなかなか手に職を付けられるようなスキルは身につかない場合がほとんどです。

アルバイトでは補助的な業務や単純な作業を任されるのが一般的で、その経験を生かして自分の手で何かができるということはあまりありません。

しかし、声優の専門学校に通うことで声優として活躍するためのスキルを習得することができます。

声優になれば自分の能力を売りにして仕事をできるようになり、能力があれば高く評価されるようになります。

安心して働いていける下地を作るための基本となるスキルを手に入れられるのがメリットです。

学歴をつけられる

フリーターは職歴にならないという問題があり、これから就職しようとすると学校を卒業してから何をしていたのかを指摘されがちです。

アルバイトをしていたのが事実であっても、それだけではマイナスの印象を持たれてしまうのが一般的です。

しかし、その間にスキルアップを図っていたという説明ができればプラスに評価してもらえます。

専門学校を卒業すると学歴がつくので声優を目指すための勉強をしていたと胸を張って言うことができます。

前の学歴からブランクがあったとしても、その間はアルバイトをして学費を稼いでいたと説明できるでしょう。

正規雇用で就職できる

声優の専門学校に通うと、卒業のときには就職活動をして正社員として就職できるところを探せます。

今まで正規雇用で働いたことがなかったとしても問題はなく、スキルのある声優として期待してもらうことができるでしょう。

専門学校から支援を受けて就職先を探せるという点でも安心感があります。

フリーターだったことが不安になっている人も、書類の書き方や面接の受け方などを教わることで自信を持って就活に挑むことが可能です。

フリーランスも候補にできる

企業に就職すると自由を奪われるのが嫌だという人もいるでしょう。

フリーターを続けてきたのは自由の身になりたいからだということもよくあります。

しかし、専門学校を卒業して声優としてのスキルを身につけるとフリーランスで働くこともできます。

フリーランスなら自由に仕事を探して請け負うことができるので、自分なりのワークライフバランスを保てるでしょう。

オーディションを受けるときにも専門学校がサポートしてくれるため、安心してフリーランスを続けられます。

自分なりのスタイルで働きたい人にとっても声優の専門学校を選ぶのはメリットが大きいのです。

専門学校に通うときのポイント

メリットがわかるとやはり声優の専門学校に通うたいと思うようになる人もいるでしょう。

たくさんの専門学校があるのでどこに通うべきかで悩みがちですが、フリーターなら押さえておきたいポイントが2つあります。

どのポイントが重要かは人によって違うものの、どれも押さえておくことでプラスになるのでしっかりと確認しておきましょう。

アルバイトとの兼ね合いを考えて選ぶのが大切

専門学校に通うためには学費がかかるので資金を用意しておくことが必要です。

フリーターをしてきた人はあまり貯えがないことも多く、アルバイトを続けないと生活も苦しくなることすらあるでしょう。

声優の専門学校には全日制のところだけでなく、定時制や週末制のコースを用意しているところもあります。

昼間はアルバイトをして夕方から学校に通って学ぶ、平日は働いて週末は勉強するという形を選べるのです。

他の選択肢も選べるかも重要

フリーターの人は全体的な傾向としては飽きっぽい面があります。

声優に興味があるから頑張って学ぼうと思い、専門学校に通って卒業することができたとしましょう。

就職して働いてみると最初は楽しかったけれど、だんだんと飽きてきてしまうという可能性もないわけではありません。

その際に他の仕事の選択肢も選べるようなカリキュラムの専門学校を選んでおくのが良い方法です。

音響や演出などについても学べる学校もあるので候補として考えてみるのがおすすめです。

まとめ

声優の専門学校に通うとフリーターの人も手に職を付けられ、正規雇用やフリーランスで働けるようになります。

アルバイトをしながら通えるか、他の仕事の選択肢も選べるかも考慮して通う学校を選ぶようにしましょう。